レイトショーが再開されたので『燃えよ剣』を見に行ったよ

2021年10月27日てきとうにいろいろ

緊急事態宣言も終わってレイトショーも再開したので、さっそく(ってわけでもないけど)映画見に行ってきた。

今回見に行ったのは『燃えよ剣』
(原作は結構前の作品なんでしたっけ?そうゆうとこはあまり知らない。)
実は、新選組が好きなんですよね~。
好きな人物は土方歳三。薄桜鬼でも好きなキャラは土方歳三です。

というわけで、試衛館時代から五稜郭で戦死するまでを描いているわけですが、それを160分にまとめているわけなので、1シーン1シーンが結構短い。
基本、土方さんの回想的なので話が進んでいくわけですが、京へ上ることになった理由とか、芹沢鴨暗殺とか結構サラッと終わった感じがする。
池田谷事件で、階段から転げ落ちるシーンが有名ですが、それなかった気がします。気のせいでなければ。

そして、新選組の中でも人気の高い斎藤一。あんまし出番がない。
他にも、永倉、原田あたりも出番少ない。
永倉の脱退もこんなサラッといくのねって感じだった。

とはいえ、映画としては結構楽しめました。

というのも、藤堂平助役をはんにゃの金田さんが演じてまして、結構いい味出してます。
殺陣も結構すごかった!

そんで、岡田以蔵。これ、るろうに剣心で沖田総司を演じてた村上虹郎なのね。
やっぱ動きがいいわ。人切以蔵も幕末では人気ですよね。

そして、土方と沖田、ジャニーズ同士だからか、息ぴったりに見えた。

余談ですが、沖田が手に入れたとされる『菊一文字』
これって燃えよ剣が元ネタなんでしたっけね?
当時、菊一文字は国宝並で、沖田が手に入れるのは難しかっただろうと言われてますよね。

近藤の虎徹もそうなんでしたっけね?

土方の愛刀は、きちんと和泉守兼定でした。
これは土方歳三資料館にも展示されたはず。

と、横道にそれてしまったわけですが、殺陣のシーンとかは結構迫力あるので、見に行ってみるものいいかもって感じです。

ただ、160分はちと長い。おしりが痛くなる(笑)

最後、山田祐樹こうゆう役で使うのね。。。
新選組隊士として出演してほしかった(笑)