境界戦機『アメインゴースト』レビュー。悪魔的なデザインがめちゃカッコいい。

2022年1月14日模型

こんにちは。🍣('-' 🍣)オスシパンチです。

境界戦機シリーズからアメインゴーストを購入してきました。

パッケージかっこいいですね!
そんで、この機体のデザイン、とても好きです。

左右非対称の腕が印象的。
アニメでは数回戦闘シーンがありましたが、いまだ破壊されてないこの機体。

謎の多さとこのデザイン。メイレスシリーズはそうでもないけど、アメインゴーストは好きという方も多い気がします。

というわけで、さっそく組み立てて行きます!

仮組

なんか今までのメイレスシリーズと違って、少々作るのが難しかった印象です。
パーツのはめ方が独特な部分があって、説明書をよく見ながら作らないと作り方が分からなかったです。

とはいえ、なんとか仮組まで完了。

左右で腕の形状が異なっていまして、こちらは左腕。

あと、左腕

色分けほぼ完ぺき。合わせ目個所も特に無いと思います。

足の形状が怖いんですが、設置性高くて、結構しっかり立ってくれます。

開き手とは別に、握りこぶしパーツがあります

が、このハンドパーツ、手の穴が小さすぎて保持できるものがほとんどない。
(メイレスケンブの刀は保持できませんでした)

あと、アニメで出てきた隠し腕は装備されていないです。
今後、アメインゴーストmk2とかで出してくるのか、追加武装だけで販売するのか。
(追加武装だけは無いか。。。)

あっちの形態のも欲しいですね。

可動範囲

可動範囲は良好。
脚はここまで開きます。(カッコ悪いけど。。。)

その他、腕や足などポージングに支障ないくらいには可動できます。

とりあえず、ポージングする分には申し分ないくらい可動できます。

爪の赤い部分だけ可動できます。

と、こんな感じなので、武器などを持たせることは難しいです。
これに合う太さの武器がそもそも無い。。。

爪を開くとこんな感じになってます。

このシールを貼ると、爪が発光しているときの再現ができます。

足のほうも赤い部分が可動できます。

膝はこのくらいまで後ろに曲げれます。

前にはこのくらいまでしか可動できないです。

あとは、背中のジャミング装置が開閉できます。

肉抜き

ハンドパーツの指部分に肉抜きがあります。

で、あとは気になる肉抜きは無いです。

リアアーマーの裏にもきちんとモールド入ってます。

大きさ

このアメインゴースト。結構でかい。

メイレスケンブより一回り大きい感じ。

EGガンダムと比べるとこんな感じ。全然大きさ違いますね。

アルトアイゼンとだいたい同じ大きさ。(角の長さコミ)

まとめ

まさに敵!って感じのデザインでカッコいいです。

可動範囲は申し分ないですし、合わせ目個所も特に無し。
とても良いキットだと思います。

こういった感じのデザインが好きな方は、購入してみてもいいんじゃなかなと思います。


そうこうしてたら、アメインゴーストMk-IIの予約が開始してましたね。
プレミアムバンダイ限定だそうな。

HG 1/72 アメインゴーストMk-II