『徐晃ガンダムデスサイズ 』やっぱ黒いほうが筆塗りはやりやすい

模型

『徐晃ガンダムデスサイズ 』やっぱ黒いほうが筆塗りはやりやすい

というわけで、徐晃ガンダムデスサイズを筆塗りしました。

色分け少ないので比較的塗りやすかった。

今回は、足裏の肉抜きも埋めました。

結構ボコボコしてるなぁ、、、
まあ、見えないから放置。

SDのポージングはどうやっていいか良く分からん、、

使った塗料

ブラック部分 クレオス:MSファントムグレー
グレー部分 ガイア:ミディアムブルー
紫部分 クレオス:GXメタルバイオレット
ゴールド部分 クレオス:GXレッドゴールド
額のアンテナ クレオス:GXメタルイエロー
レッド部分 クレオス:ハーマンレッド

黒と紫なので、紫部分が良く分からないですね。
周りがグレーだとわかりますが、

もっと明るい紫にしたほうがよかったかも。

いつもはクリアパーツに塗装するときは、下地に8番銀を塗るのですが、今回は直接メタリック塗料を塗ってみました。
パッと見は目立たないのですが、拡大したり、光の角度によってはムラが目立ちますね。結構透けたりもしてる。
やっぱ、8番銀の下地は必要ですねえ。

塗装自体は、色分けが少なく塗装しやすいと思いますので、ガンプラ初心者のかたでも、組みやすく、塗装しやすい、いいキットかなって感じです。