無塗装派のゲート処理は速乾性接着剤を使うのがよさげかも

模型

無塗装派のゲート処理は速乾性接着剤を使うのがよさげかも

無塗装派の場合、どうしても困るのがゲート処理。

パーツを切り出したときに、どうしてもこういった跡が出てしまいます。

このゲート跡、ヤスリで削っても消えないことが多いし、消えたとしても削りすぎてしまいがち。

そこで考えてみたのが、「接着剤でゲート跡を溶かしてみてはどうだろうか??」ということ。

使うのは速乾の流し込みタイプ(新緑蓋って呼ばれてるやつ)

無塗装派のゲート処理は速乾性接着剤を使うのがよさげかも

理由としては、白蓋は樹脂が入ってるのでおそらく適してないのと、通常の流し込み(緑蓋)は溶かす力が強すぎる。そして、どちらとも乾燥まで時間が掛かりすぎるから。

で、方法は簡単で、ゲート跡をデザインナイフ等である程度整えた後(多少ゲート跡残っててもいいくらい)そこに新緑蓋を流して乾燥後ヤスリで整える。これだけ。
(ヤスリは600番とか1000番くらいの目が大きいやつがいいと思う)

というわけで、整えてみた結果がこれ。

意外と目立たなくはなっているかと。
(EG νガンダムなので、HG等だと勝手が違うかもしれませんが)

とはいえ、こういった処理は、パーツの色やメーカーによっても勝手が違うと思うので、全て同じようになるかは謎い

まあ、無塗装でここまで来れたら及第点かなって感じ。
しばらくはこの方法を使って行こうと思います。

模型

Posted by takuya