ヴァルキリーエリュシオンの体験版をプレイしてみた。ヴァルキリーが美しかった。

てきとうにいろいろ

ヴァルキリーエリュシオンの体験版が出てたので遊んでみた感想。

ヴァルキリーシリ―ズの最新作とのことですが、ゲーム性が全然ちがいます。
今まではRPG、今作はアクションRPGになってます。

エインフェリアとの戦いもちょっと違う感じ。
今までは普通にパーティに入れて戦闘できてたのですが、今作は戦闘時にエインフェリアを呼び出して一緒に戦ってもらう感じです。
(ファイナルファンタジーの召喚獣的な扱い)

という違いはあるものの、ゲームとしてはわりと面白かった感じ。

よいところ

というわけでよいところ。

・音楽がいい感じ
・グラフィックが綺麗
・戦闘が楽しい
・ヴァルキリーが美しい

体験版を遊んだだけだとこんな感じ。

戦闘は楽しいです。R1+〇・△・×・□ボタンでエインフェリアを呼び出したり、R2+〇・△・×・□ボタンでディバインアーツ(魔法みたいなやつ)が使えたりで、操作は簡単で楽しい。

あとはヴァルキリーが美しいです。
今までは青基調の鎧だったと思うのですが、今回は白。純白のヴァルキリーが戦闘するのはホントに美しいです。
(ただ、デザイン的にはレナスが好き(笑))

よくなかったところ

面白かったのですが、よくないところが結構多い。

・難易度が変更できない?
・どこいるか分かりにくい
・回避アクションがちょっと残念
・いちいち敵を全部倒さないといけないときもある
・探索がむなしい

ゲーム開始時に難易度を設定できるのですが、どうもゲーム中に難易度を変更することができないっぽい。
(製品版ではできるかもしれないですが)
なので、アクションRPGが苦手な方はEASYで始めたほうがいいかも。いきなりHARDからだと、どこかで詰みそう。。。

そして、どこにいるかがマジで分かりにくい。
というのも、全体マップが常時出てない(optionキーで全体マップは見れる)ので、どっちに向かって行けばいいかが分かりにくい。
いちよ、目的地までの距離は出るので、その距離を見ながら進めることはできる。

で、進めないところはエインフェリアを呼び出して助けてもらったり、L2でソウルチェイン(ロープみたいなやつ)で移動できるのですが、エインフェリアの場合はまだしも、ソウルチェインを使う場合は、視点をグルグル変えないと使うポイントが出なかったりするのでめんどくさいです。
どの視点でもポイントが出ないので、普通にジャンプしたら行けたりで、ちょいストレス。

というわけで、初見だと結構マップを進んでいくのに時間がかかるのですが、敵を全部倒さないと開かない扉とかがあって、わりとめんどくさい。
同じマップに再チャレンジするときも倒さないといけないので結構ストレス。
きわめつけは、途中ポイントとかも無いので、毎回最初から最後までプレイしないといけないです。
(途中離脱もできますが、初期化されるっぽいです)

そして、戦闘時の回避アクションが残念です。
なんか、回避のモーションが小さい。ニーアオートマタで回避したときのようなカッコいいエフェクトは出ないです。「ホントに回避できてんの!?」と思うくらいモーションが小さい。
正直、戦闘の爽快感に関しては、ニーアオートマタとかニーアレプリカントのほうがあった気がします。

で、致命的なのが、ダンジョン内にある宝箱。ほとんど武器強化用のアイテムです。
(たまに武器とかもあるけど)
なので、ほとんど強化アイテムを取るために探索する感じです。
これはちょっと探索意欲がわいてこないです。。。

というわけで

製品版は2週間後に発売なので、ここから修正されることは。。。(ないんでしょうねえ。。。)

全体マップくらいはなんとかしてほしかったですが、、、

全体的におもしろいっちゃ面白いんですが、やっぱニーアシリーズのほうが爽快感あってよかった感じがします。

前作ヴァルキリープロファイルをプレイしたのが太古の昔であまり記憶が無いのですが、あのときは武器などをオーディンに献上品として送るというのがあったはず。
今回は無さそうなので、全部自分で使えるってことですかね。
あと、たぶん前作のように武器が壊れることも今のトコ無さそう。

今までのヴァルキリーシリーズと全然違うので、体験版をプレイしてから購入するかを決めたほうがいいかもしれないです。